どうも僕です。


婚活も、いよいよ最終ステージにやってまいりました。


ここで出会ったのは、en婚活登録の銀行にお勤めの女子。(故に銀子さんと命名)





ルックスは、(クラスで6番目くらいの印象)とちょうどよく、それでいてノリも良い。


割と自分の仕事にも興味を持ってくれているので、会ったときの印象はとても良いものでした。


お会いしたのは、本人の勤務先の関係もあり、上野。


お店は、こちらでした。→椿屋珈琲店 上野茶廊


休日でちょっと混雑していましたが、ファーストコンタクトでは珍しく、スーツ姿がキマっていました。




ワケを聞くと休日出勤とのこと。


スーツ男子は3割増しとか、5割増しって言いますが、それは女性にも言えるのではないかと。


そう思って調べたら、自分以外にも結構いるのことが分かりました。


むしろそう考えている方が多数派という話も!?


“好印象スーツ女子”とは – スーツカンパニー
パンツスーツのメリット&デメリットとは?
「スーツ女子」をエロい目で見ている男性は7割!一体どこを見てる?


最後のは見出しがアレですが、強い否定はできません。


話を元に戻します。





テレビも雑誌もそこそこ見るようで、話も大分弾み、久々にあっという間の1時間。


NOを出す理由は何もなく、交際希望を出すと、翌日午前にアチラからも連絡が。


ということで、再び一人交際の状態となりました。


最後までご覧いただきありがとうございます。ランキングに参加しているのでここのバナー上にポインターを持ってくた上に、あなたから左クリックをされた日には、管理人の喜びは絶頂に達します! にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

NIDO

家と仕事場の往復だけの生活で孤独死まっしぐら。ほぼ女性経験がない状態から、婚活パーティ、相談所を経て結婚した男。アラサーの方でもアラフォーの方でも、男女問わず役に立てたら幸いです。 コメントもお気軽にどうぞ。 スペック:マーチ卒、年収500万、フリーのアラサー編集者。渋谷区のはずれで生息中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。