どうも僕です。


顔良し、学歴良し、身なり良し、だけど1時間のトークはややキツイ


そんなCATさんとの2回目のアポは有楽町の高級中華ランチ。




今にして思えば、重かったかもしれません。


料理とかではなく、お店の雰囲気とかが


周りを見ると、ザマスなおば様、うまい棒なんか食べたことないであろう小学生、扇子を使い慣れた初老男性…


要は高所得者層がズラリ。



中流家庭に育った自分としては、食べログの評価と無理のない値段で選んだつもりでしたが…背伸びした店を選んでしまったようです。


どこの世界にもいますが、自分を大きく見せるタイプの人、大嫌いなんです。


しかし、それを自分は。。。


前回のファーストコンタクトの時は、自分が分からないラグビートークでひたすら喋ってもらいましたが


この時は、それがない。





もうね、1回会う分にはすごく良かったんですよ。


ただ、2回目はとにかく話の間が持たない。


そして、今これを書いていて思ったのは、『彼女は自分に興味があるのか?』


どんなに受け身の女性でも、ある程度自分に質問とか話題ふったりとかするよね?


今思えば、それが薄かった。


これは、自分の女性の扱いがなってない実力不足もあるだろうし、相性的なものもあるし。


その時は、このまま、進もうか?どうしようか?


すごーーーく悩みました。




だって、無意味に黙秘したり、喉の奥から変な音がするわけでもない、髪がボッサボサでもない、自社の社長の不倫話を延々とするわけでもない。



そうした、これまでの『ザ・婚活難民』ではないのです。


ただ話の間が持たない。ほんとそれだけ。






ただ自分にはその要素が、デカすぎた。



これまで、『長期的なお付き合いが続くだろーなー』という就職とかゼミ選びとか、選択の局面で、妥協した選択をしてロクな結果になったためしがないのです。


「うーーーん、どーかなー。ま、なんとかなるだろ?」


が、何とかなったためしがない。


短期的な物なら良かった。


ワンナイトカーニバル的なね


なので、ホントに涙を呑んでお断りしました。


自分みたいな、恋愛IQ6の男が、突き放すような人じゃないんですが、話が持たないのは、どうにも厳しかったのです。



最後までご覧いただきありがとうございます。ランキングに参加しているので、ワンタッチ頂けると、管理人はとても喜びます。 にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

NIDO

家と仕事場の往復だけの生活で孤独死まっしぐら。ほぼ女性経験がない状態から、婚活パーティ、相談所を経て結婚した男。アラサーの方でもアラフォーの方でも、男女問わず役に立てたら幸いです。 コメントもお気軽にどうぞ。 スペック:マーチ卒、年収500万、フリーのアラサー編集者。渋谷区のはずれで生息中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。