どうも僕です。


今回は、連敗というかMYPRで「この人だ!」という人に出会えなくなり、焦りに焦っていた時のお話。


藁にもすがる思いで出会った女性です。(命名:藁子さん)


※以下、文章が荒れ気味になりますがご容赦ください。








先方からアプローチがありました。


この人は、写真。何と言っても写真!

ピンボケ写真のイラスト


そのご尊顔は・・・




海辺に立って、すっっっっごい遠くに小っちゃ~く、しかも顔も影になっていて表情すら読み取れない


これは、先方の所属の会社に苦情入れたいレベル。


こんなゴマ粒くらいの顔掲載させちゃダメだろ!


でも、当時は僕も冷静さを欠いていました。





ひょっとしたら、好みの顔の女性かもしれない


1%でも可能性があるなら、そこに賭ける。


そんな精神状態に陥っていたので、賭けました。


昼下がりの武蔵小杉で待ち合わせをしていたら、「NIDOさんですか?」の声。


振り返ると、奴はいた。





何も心が躍らない表情、服装。




もう、自分の運命を呪いましたね。


「NIDOさんですか?」の問いかけに




違います。話しかけないですください。






とも言いたかったけど、こっちの面が割れてる以上、そんな無礼をかますわけにはいかない。


いや、既に向こうは写真詐欺をかます無礼を僕にかましているのだが。


失意のあまり、話も上の空。


「カメラが趣味で、プロフの写真、良くないですか?」


おんどりゃ!よくねえわ!


薪をくべる発言に内心憤りつつ、


「あ、はい、あれどこの海なんですか?」


伊豆の方で・・・が・・・でして・・・。・・・の時に・・・していたんですけど・・・してしまって、・・・そうしたら・・・


もうこんな感じ。話入ってきません。






「○○の映画って時間泥棒でさ」とポジティブな意味で、時間泥棒って使う人いますけど


これ、ほんとに純粋でネガティブな意味での時間泥棒。


ハッキリ言って会うだけ、時間の無駄でした。


写真を盛るとか、盛らない以前に適正サイズで表示しましょう。お互い不幸になりますよ。


最後までご覧いただきありがとうございます。ランキングに参加しているので、最後にどうか、ここを↓。どうか、ここを!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

NIDO

家と仕事場の往復だけの生活で孤独死まっしぐら。ほぼ女性経験がない状態から、婚活パーティ、相談所を経て結婚した男。アラサーの方でもアラフォーの方でも、男女問わず役に立てたら幸いです。 コメントもお気軽にどうぞ。 スペック:マーチ卒、年収500万、フリーのアラサー編集者。渋谷区のはずれで生息中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。