どうも僕です。


バドガールを門前払いした後に出会ったのは、都内小規模商社で一般職を行っている女性。


正直、このときの心理状態は「やべーよ、入会して半年くらい経つけど、何の進展もねーよ!


もはや、焦りしかありません。




そこで、思いました。


自分のハードルが高すぎたのではないだろうか?


ここで、ぐ―――――ッとハードルを下げてみよう。


よっぽどのアレでなければ、交際希望出しちゃおう。


で、出会ったこの女性。相当な無口で不器用。(命名:(高倉)健さん)


ほんと、いかがわしい勧誘でもしてんじゃないかというくらい、自分が一方的に話す始末でした。


相手に話を振るも、暖簾に腕押し、糠に釘。


言うことがホントになくて、ただ、ほんの少し褒めるとしたらルックスが、ナシではなかった点。


なので、少しはにかんだときに、その表情をほめると、さらにちょっと恥ずかしそうにする。


それを1時間に3回くらい混ぜながら(既にきついのですが)、もっと関係が進めば…うん…いいのかも…ということで


交際希望を出しました。


藁にでもすがる思いです。




まぁ、でも話もはずまかなったし、一方的にこっちがしゃべっていたから、ナイだろうなと思っていました。


結果、向こうも交際希望を出してきました。


(;^ω^)


両方が交際OKになりました。


そこでメールのやり取りをしてみると、いたって普通。


いやむしろ、テンション高め。


『シュタインズゲート』の桐生萌郁(シャイニングフィンガー)状態。


お主、そんなキャラ!?


もしかしたら、このテンションをキープさせて2回目に合ったら変わるかもしれない。


そう願って数日間メールのやり取りをするも、第一印象が引っ掛かり、このまま続けても相手に悪いと思い直し、交際NGを1週間後に出しました。


さようなら、シャイニングフィンガー


長く一緒に暮らすことを考えたら、我慢できなかったのです。


最後までご覧いただきありがとうございます。最後にどうか、ここを↓。どうか、ここを! にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

NIDO

家と仕事場の往復だけの生活で孤独死まっしぐら。ほぼ女性経験がない状態から、婚活パーティ、相談所を経て結婚した男。アラサーの方でもアラフォーの方でも、男女問わず役に立てたら幸いです。 コメントもお気軽にどうぞ。 スペック:マーチ卒、年収500万、フリーのアラサー編集者。渋谷区のはずれで生息中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。