どうも僕です。

 

トレンチコートのトレ子さんの金銭感覚にショックを受け、向こうからフラれるという想定内の範囲の出来事が起こりつ内心は「もう一人いるもんね」という余裕のあった自分。

 

普通の恋愛において二股は御法度ですが、ご存知の方も多いと思いますが、相談所ではむしろ推奨されます。

 

二股という言い方は良くないですね。真剣交際ではなければ、複数人との交際OKということです。

 

時間もったいないですしね。合理的です。



 

肝心の戸田子さんとまぁまぁ良好な関係を築いていた(と思う)自分。

 

今度は新宿で待ち合わせ。

 

何回目のデートで告白が正解?女子の半数以上は●回目で言われたい!

 

こんなデータもある通り、やはり3回目は勝負ですよね。

 

場所は、大人な焼き鳥屋さん。

やきとり屋の建物のイラスト

 

テレビ好き、特にドラマ好きだったということで、テレビに勢いがあった2000年前後のテレビドラマの話に花が咲きます。

 

●3年B組金八先生(第5シリーズ)
→風間俊介がいじめっ子と母親殺しの熱演。その引きこもりのお兄さんが「ハァハァ」言いながら、街を走り回り警察官に「待て!怪物!」と言っては追って逃げられる。

 

●古畑任三郎
→古畑‐今泉コンビの掛け合いが好きでした。ローンを組んで買った仏像を、その日のうちに壊される古畑に今泉。アメリカ編では、うっとおしさのあまり、イヤホンの線をハサミで古畑に切られる今泉。深夜にやっていたスピンオフの「巡査・今泉慎太郎」も観ていました。

 

面倒なので省略しますが、ビーチボーイズ、HERO、踊る大捜査線、やまとなでしこ・・・

 

など色々話しました。



ふと気づくと、楽しんで話すと言うよりも「次何をテーマにして話そう」と必死に昔を思い出して、ひねり出す自分に気づきました。

 

ドラマのタイトルが出てくれば、彼女とそれなりに話はできるのですが、逆に言うとそれが無いとちょっとした沈黙が…

 

あれ?ひょっとしてちょっと苦しい?

 

もし、このドラマ話以外なかったら話が盛り上がらない?

 

そんな違和感を覚えたので、本来であればすべきだった、そして準備をしていた真剣交際の告白も断念。

 

立て直しを図るべく、この日は解散。

 

電車で、担当コンシェルジュにメールをして、帰宅。

 



3日後に交際中止連絡が届きました。

 

トレ子さんの時もそうでしたが、こっちが違和感を覚えた時は向こうも覚えているんですよね。

 

ということで、交際人数0人に戻ります。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。↓これを押して頂けると有難いです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


NIDO

家と仕事場の往復だけの生活で孤独死まっしぐら。ほぼ女性経験がない状態から、婚活パーティ、相談所を経て結婚した男。アラサーの方でもアラフォーの方でも、男女問わず役に立てたら幸いです。 コメントもお気軽にどうぞ。 スペック:マーチ卒、年収500万、フリーのアラサー編集者。渋谷区のはずれで生息中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。