どうも僕です。

ちょっとここで、自分が婚活を始めた理由について書きます。

おなじ境遇の人がいれば、その後押しをできればと思います。



ここを見ている人は多くが婚活をしている、もしくは興味を持ってこちらをご覧いただいていると思います。

でも、二の足を踏んでる人はいませんか?

もしくはこんな考えの人はいないでしょうか?

 

 

「婚活?そんなんやらないよ、自分には運命の人がいつか現れてくれるから」




そう思っていた時期が自分にありました。

でもそれとっとと捨てた方がいいです。



「はぁ!?偉そうに!童貞野郎のくせして何をほざくか!?」

 

 

 

 

と思った方、そうです。ぐうの音もでません。

でも、そんなメルヘンチックな考えを抱いていたからこそ、「静」を貫き、およそ30年自分にはほぼ何もなかったんです。



ずっと現実から目をそらしてきました。

仕事でも上司からこんなこと言われたことないですか?

 

 

「じゃあ、それいつ出来るんだよ!」
「いつ、そんな客は来るんだよ!」

 

 

 

これと同じです。いつ、その運命の人は現れるんでしょうか?

自分から行動を起こさなかったがために、傷つくことが怖かったがために、運命とやらを信じすぎていたがために、交際経験が極端に無かったのがアラサーを迎えた自分でした。

ただ、一方で婚活の場は、そんな自分にとってうってつけのコミュニティでした。

というのも、普段のコミュニティで行動を起こした時(さらにフラれた時)よりもリスクは格段に低いんです。

つまり、普段のコミュニティでは告白してフラれたらその後も気まずい。

婚活の場であれば(嘘をついていなければ)、基本恋人・結婚相手募集ということは向こうも暗に言っています。

マッチングしなかったり、仮にフラれたとしても、よほどのことがない限り同じコミュニティにはいないため二度と会うことは無いでしょう。

マッチングしても、リスクゼロでフラれることが出来るのです。

いわば、ノーリスクハイリターン。

現実世界でなかなかないんじゃないでしょうか?これ



自分が婚活をした理由の一つはここでした。

「傷つきたくないから、普段のコミュニティ外で異性を探そう」

やってみたら、失礼ながら「こりゃ、無理だろ!?」と思うような方もたくさん出会いましたし、逆に「何でこの人ここにいるの!?」というレベルの人まで沢山いました。

それはそれで、面白い出会いですし、上手くいかなくても、「この前、こんな人がいて大変でしたよ。」的なトークネタにもしてました。

もちろん、悪口にならない程度の聞こえ方には配慮して

そして、もうひとつ自分を突き動かしたのは「時間」と「若さ」です。

とにかく、婚活市場で最も大きな武器になる「若さ」。

その若さは、刻一刻と失われてしまっています。

であれば、理由を作り出して止まっている時間なんてないんじゃないでしょうか?

とにかく、少しでもいいのでできる範囲で動いた方がいいです。

どのパーティーなら自分が有利に戦えるか、パーティーがないなら服装を考える。はたまた、相談所から資料を取り寄せ比較する。。。

そこから見えてくるもはたくさんあります。

「暇があったら1ミリでも前進」とにかくこれを心掛けていました。

以上が自分が婚活を始めた理由でした。

 

ここにある方法論などは、あくまで僕個人の見解です。是非他の方の物と見比べてください。(僕も結構参考にしました。)

こちらから↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へにほんブログ村 恋愛ブログ 30代男性 婚活・結婚活動(本人)へ


NIDO

家と仕事場の往復だけの生活で孤独死まっしぐら。ほぼ女性経験がない状態から、婚活パーティ、相談所を経て結婚した男。アラサーの方でもアラフォーの方でも、男女問わず役に立てたら幸いです。 コメントもお気軽にどうぞ。 スペック:マーチ卒、年収500万、フリーのアラサー編集者。渋谷区のはずれで生息中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。